2017年10月1日

0

    中村敦夫さんの朗読劇 今日は結婚記念日なので、お休みを取って本土へ映画を観に行きました。毎年、結婚記念日は映画を観に行こうと、去年から決まったのです。(ちなみに昨年は『シン・ゴジラ』でした。) 

     でも、今日は映画の前に、午後、柳井市で開催された、俳優・中村敦夫さんの『朗読劇 線量計が鳴る』を観に行きました。中村さん自身で作品を書かれたそうですが、作品の内容も演技・朗読もすばらしかったです。中村敦夫さん演じる元・原発技師のひとり言に、会場を埋め尽くした満員のお客さんが引き込まれていました。さすがです。日本中の皆さんに観て欲しい内容でした。テレビ放映もしたらいいのに、と思いますが、今のマスコミはおそらく放送する勇気はないでしょう。山口県内では、12月16日(土)に宇部市で公演があるそうです。宇部市近郊の方は、ぜひ観に行ってください。

     そして、夜は映画を観にスターピアくだまつへ。今回観たのは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、この作品もなかなか面白かったです。ところで、この作品の舞台になっている街の風景、どこかで見たことがあるような・・と思っていたら、5年前の10月1日、伊美別宮社での結婚式の後に行った場所でした。なんという偶然! いや、運命?


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する