2011年1月23日

0
    夕日に向かって!  『カンタ!ティモール』という映画の上映会で、この作品を初めて観た。東ティモールがインドネシアから独立を果たすまでのドキュメンタリーだが、彼らがどのような苦しみや悲しみを乗り越えて、そしてどのようにして独立を勝ち取ったのか。平和とは?幸福とは? 日本の資金が戦争を支援していること、一部の人間の欲望が多くの弱い人間を不幸にしていること。いろいろと考えさせられる映画だった。それでも彼らは明るく歌い、笑い、力強く生きている。僕はどうしてもこういう映画を観ながら、上関町の状況を思い浮かべてしまうのだ。この映画、機会があったらぜひ観てください。
     こないだ病院で「水分とって運動するように」言われたので、暗くなりかけていたが、少し運動をしようと、虹ヶ浜でウォーキングでも…と思ったが、歩くより走る方がなんとなく慣れているので、結局ジョギングになった。砂浜の上を走ってみたが、意外と砂は入って来なかったので、これからもちょくちょく走ることにしよう。次はいよいよ夕日に向かって!(^◇^)。 

    『カンタ!ティモール』予告編

    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する