2019年1月9日

0

    山頭火

     

     今日は朝から夕方まで柳井でパソコンの仕事だったので、昨日の話題で・・。

     防府天満宮でお詣りしたあと、近くにある「山頭火の小径」を歩いてみました。祝島の「あいご」のような狭い道。放浪の俳人・種田山頭火が生家から小学校に通った道なんだそうです。数百メートルの昔ながらの道。途中にはところどころに山頭火の俳句の札がかけられていました。何気ない道ですが、散策するのは意外と楽しかったです。近くにできた「山頭火ふるさと館」は残念ながら定休日だったので入れませんでしたが、今度また天満宮にお詣りするときには行ってみたいと思います。山頭火の生家跡の灯篭(?)に書かれていた句、「何を求める 風の中 ゆく」。かっこいい句ですねぇ。(^_^)


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する