2019年2月5日

0

    小祝島

     

     三浦にある親戚の畑に新甘夏の収穫に行ってきました。昔は海岸の道路が無かったので、三浦に行くには山を越えて行かなければならなかったようですが、今ではバイクや軽トラで海岸道路(いちおう県道です)をビューンとひとっ走りで行けるので、東の方の山にある畑に比べるとずっと楽に行き来ができます。集落から小山を過ぎ、昔の一本松のあたりのカーブを曲がると、目の前に小祝島が現れます。小祝島が見えると、島の裏側に来たという実感がわきます。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する