2019年5月11日

0

    昼前の風景

     

     照満寺前の漁港、漁船が何隻いるかな? 昔は波止の中の船がこれだけ少ないと、「今日はみんな漁に出ちょるんじゃろう」と思っていましたが、今では漁に出る船も少なく、それでも波止の中にこれだけしか船がいなくなってしまいました。「5年後、10年後には、どうなっているんじゃろうか」と考えると、ちょっとさみしい想いがします。・・でも、これが現実。その中で、どう生きていこうかと、ときどき考える今日この頃です。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する