2019年7月5日

0

    奄美大島へ

     

     朝便で祝島を出発し、新幹線で鹿児島まで行って、鹿児島空港から航空機で奄美大島へ。夕方にはここまで着けるんですねぇ・・・。奄美空港では地元の職員の方が出迎えてくれました。

     約20年ぶりの空の旅。やっぱり飛行機は緊張しますね。船ならいざとなっても、泳げばなんとかなるという気がするのですが、飛行機は、どうしようもないので、離陸してから着陸するまでは、乗員、乗客みんな運命共同体という気持ちになります。チェックインの時、奄美空港は雨、「視界不良の場合は鹿児島空港に引き返します」という表示が出ていました。飛んでいる間も見えるのは雨雲ばかり。それほど揺れたわけではないですが、少しでも揺れるとどうしても緊張します。

     奄美大島、もっと鹿児島に近いのかと思っていたけど、ほとんど沖縄の近く、しかも思っていたよりずっとデカイ!離島では佐渡ヶ島の次に大きいそうで、周囲400km以上、人口は4万人以上、国道も走っていて、奄美市(旧名瀬市)の市街地は柳井より都会な感じでした(~_~;)。今日はホテルに着いてから、全推連の理事会、夜8時を過ぎて、やっと夕食でした。

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する