2019年7月6日

0

    国直地区のフクギ並木

     

     今日は名瀬漁協の視察、「国直集落まるごと体験交流」という取り組みをしている国直集落の視察と地元の方との意見交換、「奄美野生生物保護センター」視察、「奄美ハナハナ」というCMやドラマ・映画のロケのための施設視察、黒糖焼酎を造っている「開運酒造」の工場視察、地域おこし協力隊員としてここにきてカフェをオープンした「とよひかり珈琲店」訪問、マングローブの原生林(上から見ただけ)、奄美市役所で漁協の方との意見交換などなど、行事が目白押しの一日でした。

     写真は国直集落の活性化のためのNPO法人TAMASUの代表の中村さんの案内で、集落を見て回っているところ。これはフクギ並木。このフクギをびっしりと並べて植えて、塀の替わりにしています。祝島の練塀と同じように、防風・防火の役目をしているのだそうです。このTAMASUと国直集落の取り組みは、集落全員参加で観光化を進めつつ、そのデメリットもできる限り抑えていくやり方で、祝島や上関町としても、とても参考になると思いました。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する