2019年7月8日

0

    奄美大島の土俵

     

     もう1枚おまけで奄美大島の写真を。奄美大島では相撲がとても盛んなようで、どの集落にも土俵があるのだそうです。視察した人口120人の国直集落にも、公民館の前に屋根付きの立派な土俵がありました。そんなに相撲が盛んなら相撲取りになる人もいっぱいいるんじゃないかと思ったら、予想通り、現役では幕内の明生、十両の大奄美をはじめ、14名の奄美群島出身の力士がいるようです。奄美市内から空港に向かう途中、龍郷町を通過中に、同町出身の大奄美を応援する幟がたくさん立っていました。故郷からの応援は嬉しいものでしょうね。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する