2019年8月17日

0

    牛小屋

     

     お盆明け、今日からまた民宿のお客さんを迎えました。港から民宿まで案内する間、ちょうど練塀のきれいな場所を通るので、練塀の説明をすることが多いです。「練塀はなぜ造られた?」一般的には「台風などの強風から家を守るため」ですが、それ以外の目的で練塀が造られたところもあります。たとえば、この写真の小さい窓のある練塀。もともとここは農家の牛小屋です。板で壁を作ると牛の角で突かれると破れてしまうことがありますが、練塀の壁で囲っておけば、牛の角で突かれても壊れにくいのです。材料の特性を活かした昔の人の知恵ですね。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する