2019年8月22日

0

    ゆれた

     

     夕方の定期船で島に帰ってきました。ちょっと油断していたのですが、船が上関大橋をくぐってから、波が意外と高くて、四代の沖では船がかなり揺れました。西ではなくてマジ(南東)の波だったので、ちょうど四代を出て、天田島が見える辺りが一番揺れました。で、もっと油断していたのが雨。ちょうど船が祝島に着くタイミングで、祝島くらいの大きさしかないけど、雨雲レーダーで黄色やオレンジ色で表示される雨雲がピッタリ祝島の上へ(>_<)。船を降りるときは土砂降りでした。一度家に帰って、荷物を運ぶために、カッパを着てリヤカーを押して港に出る頃には、雨はもう上がっていました。なんともタイミングの悪い雨雲。誰か、日頃の行いの悪い人が船に乗ってた?(~_~;)


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する