2019年9月3日

0

    墓参り

     

     久しぶりに朝から青空が広がった。海の向こうには夏らしい入道雲があちこちに出現していた。昨日から民宿に宿泊されているアメリカからのお客さんと一緒に西の墓へ。お客さんの祖父が昔、祝島からアメリカに渡ったとのことで、ご先祖のお墓は祝島にあるのです。うちの墓もすぐ近くなので、連れ立って墓参りに行ったのです。

     さて、今日は上関町長選の告示日。結局、立候補は現職の柏原町長だけで、そのまま無投票で当選しました。原発に反対している町外の人からは、「なぜ原発反対派は候補を出さないのか」と言われることもありますが、上関原発計画が当面動きそうにない状況の今、地元住民としては、過疎化と高齢化が進み、財政難に悩む上関町をなんとかして盛り上げていきたいという共通した思いが強く、原発推進派・反対派などと言っていられないというのが現状なのです。その双方をまとめられるリーダーとしては、今は柏原町長が最適だと私も思います。長い間、原発問題のために対立させられていた上関町民ですが、本来は「みんなで協力して町づくりをしたい」と心の中では考えていた人も多いと思います。それができるチャンスが今なのです。上関原発に反対してくださっている町外の皆さんは、ぜひ上関町の町づくりを応援していただき、原発に頼らないでも自立できる上関町の実現に協力していただければと思います。

     

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する