2011年1月29日

0
    余田の臥龍梅  NHKで諫早湾干拓事業に関するドキュメントを放送していた。巨大事業の必要性がなくなっても目的をコロコロ変えて推進する。環境アセスメントでは推進に不都合な事実は隠され、どんなデータが出ても「環境への影響は少ない」と結論付ける。補償金で賛成派を作って、住民同士を対立させる。これは上関原発計画とまったく同じ構図だ。諫早湾では結局は地元の漁師も農民もどちらも国によって苦しめられることになった。上関でも住民は長年苦しめられているが、上関原発はまだできていない。今ならまだ見直すことができる。
     写真は、柳井市余田の臥龍梅のつぼみ。高校時代から名前は聞いていたが、行ってみたのは今日が初めて。開花まではもうちょっと。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する