2019年10月24日

0

    上関大橋音頭

     

     今年は上関大橋が開通して50周年になります。たしか僕が小学3年生くらいの時だったと思うので、ずいぶん昔の話になってしまいました(^_^;)。開通式には僕たちも行って、大賑わいだったことを覚えています。町内の婦人会の人たちが揃いの浴衣で踊った「上関大橋音頭」、当時は人数も多かったので、壮観でした。祝島からは櫂伝馬船もお祝いに駆けつけました。あの頃はまだ原発の話もなくて、上関町も活気にあふれていたように思います。あの頃の上関町に戻る・・のは無理かもしれませんが、人口が減っても、お年寄りばかりになっても、町民が幸せに過ごせる町であって欲しいと思います。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する