2019年11月7日

0

    医療事情

     

     YAB山口朝日放送の夕方のニュースをたまたま見ていたら、離島の医療事情の特集ということで、上関町や祝島のことが紹介された。祝島の町営診療所は今、毎週水曜日と隔週土曜日に町外から医師が来てくれているが、診療日も午後から2時間半だけの診察時間なので、薬を出すだけで精一杯、なかなか診察の時間がとれないという感じ。上関の方でも、室津の開業医が休業状態ということで、平生や柳井の病院に行かないといけない状況のようだ。町の方も来てくれる医師を探しているようだが、なかなか見つからないとか、この番組を見て、上関町に来てくれるお医者さんが現れてくれたらいいんじゃけど・・。町ももっと大々的に医師を募集したらどうじゃろうか。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する