2019年11月30日

0

    奇蹟の人

     

     東京・調布市のクッキンングハウスにおじゃまして、メンタルヘルス市民講座「弱さに寄り添うということの意味」第5回「原田マハさんの『奇跡の人』を読み、可能性に寄り添う」に参加しました。いい経験でした。このイベントに間に合うように、最近、『奇跡の人』を読んでいましたが、東京行の新幹線でやっと読み終えました(^_^;)。何度も何度も感動。おすすめの本です。ぜひ読んでみてください。

     今日のイベントの中では、祝島の紹介や、最近の上関原発問題の状況も報告しました。みなさんとても関心を持って聞いていただきました。クッキングハウスの皆さん、ありがとうございました。

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する