2019年12月17日

0

    田ノ浦

     

     昨日、中国電力が上関原発予定地でのボーリング調査を一時中断すると発表しました。発表文書は中国電力のサイトに掲載されています。福島原発事故の後も、まだ新しい原発を建てようとする中国電力や国、それに協力する山口県知事、原発の問題でどれだけ多くの国民が苦しんでいるのか、彼らにはわからないのでしょうか?

     写真は、先日撮った、上関原発建設予定地の田ノ浦海岸から撮影したものです、右に見える島はハナグリ島。この周辺は瀬戸内海屈指の好漁場です。

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する