2020年2月6日

0

    わら納豆

     

     先日、知人にみかんとネギを送ってあげたら、お返しに本場「水戸納豆」が送られてきました。わらに入った納豆を食べるのは、この歳になって初めての経験です。食べてみると、粘りも匂いも意外と少なくて、スーパーで売っているような納豆よりも、こっちの方が食べやすい!

     そもそも、子供の頃、祝島では納豆といえば「甘納豆」のことで、これはよく食べてたけど、東日本の方では納豆をご飯にかけて食べるという話が不思議だった。甘納豆をごはんにかけて食べるのかと思っていたのです。いわゆる納豆に初めて遭遇したのは高校生のとき、親戚の家に泊めてもらったときに一度だけ「食べるか」と言われたけど、そのときは怖くて?(^^;食べなかった。納豆を初めて食べたのは大学生になってから。学食で、ごはんと納豆とみそ汁なら100円で食べれたので、朝ご飯でよく食べるようになったのでした。

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する