2020年3月22日

0

    千秋楽

     

     大相撲春場所の千秋楽。コロナウイルスの影響で、無観客、そして関係者に1人でも感染者が出たら中止という、いつもとは違う雰囲気の中での開催となったが、無事に千秋楽を終えることができて本当によかった。最後の協会挨拶での八角理事長の感極まったような言葉が印象的だった。

     観客の声援がないと、やはりせえがなあ感じだったが、そんな中で力士達は精一杯の相撲を取っていたと思うし、最後は久しぶりに横綱同士の千秋楽決戦で幕を閉じた。がんばった力士の皆さんに拍手を送りたい。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

    この本を通販コーナーで購入する

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

    『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

    『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

    上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
    原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
    A4、オールカラー、定価500円

    この本を通販コーナーで購入する