2019年8月10日

0

    夏の井戸端

     

     今、島は帰省した出身者の子どもたち、孫たちで賑やかです。うちの近所の子どもたちも帰ってきて、毎日海に泳ぎに行ったり、釣りに行ったり、祝島を満喫しているようです。うちの前の井戸には、今年も浮き輪が干されています。それにしても。このデカい浮き輪には何人入るんじゃろうか?(^_^;)


    2019年8月9日

    0

      のんびり昼寝

       

       昼便で島に帰ってきました。仕入れの荷物を運び、台風で閉めこんでいた戸板などをはずし、民宿のお客さんを迎える準備をし・・と、島に着いたとたんに大忙しの一日でした。それなのに、島ねこたちは、日陰でスヤスヤと昼寝(~_~;)。なんという贅沢!


      2019年8月8日

      0

        光の海岸から

         

         巷では小泉進次郎氏と滝川クリステルさんの結婚の話題で持ちきり。8月8日の末広がりの今日入籍したそうだが、じつは私たちも今日が入籍記念日。ちょうど2012年の神舞の小屋建ての日。作業の昼休みの時に祝島支所に行って届を出した。早いものであれからもう丸7年になる。今日は光の海岸線から祝島を眺め、記念に柳井の焼肉店で二人でお祝いをした。


        2019年8月7日

        0

          Windows10

           

           仕事で、Winodows7からWindows10への有償アップグレードをやりました。パッケージを開けると、インストールガイドが印刷されていました。手順1〜4まで、いかにも簡単そうに書いてありましたが、このままやるとクリーンインストール、つまり、Windows7で使っていたアプリケーションやデータはすべて消えてしまうことになります。データやアプリケーションをそのまま残してインストールする上書きインストールの方法はネットで調べると、すぐに見つけることができますが、パッケージの中に一言も書かれていないのは極めて不親切。マイクロソフトのこういう不親切な態度は昔から大嫌いでしたが、仕事上Windowsを使わざるを得ないところが、なんとも腹立たしい。Windows7のサポート終了まで半年を切り、Windows10へのアップグレードをする人もいると思うけど、注意してやってください。ちなみにWindows10へのアップグレード、2時間以上かかりましたので、時間がたっぷりあるときにやった方がいいです。


          2019年8月6日

          0

            不老長寿

             

             広島原爆の日。テレビでも命のことを考える番組が多く放送されている。祝島に住んでいると、普段でも命のことを考えることが多い。最近まで元気だったお年寄りが、急に体調を崩したりして亡くなるということも、時々経験する。僕はまだ50代後半だが、自分の命がいつまであるのだろうかと思うこともだんだん増えてきた。その前に、老後をどう迎えるか、何をしておかなければいけないか、最近は考えることが多い。祝島には不老長寿の実「こっこー」があり、もう何粒、何十粒と食べているので、「一粒で千年長生き」と言われている伝説通りなら、何万年も何十万年も生きるはずだけど、そんなに長生きした人は未だかつていない。僕は長くてもあと40年くらいだろう。その頃、祝島はどうなっているのだろうか・・。


            2019年8月5日

            0

              台風

               

               明日からよそ行きの予定でしたが、台風8号の影響で明日は船が欠航になる可能性が高いので、雨戸をたてたり台風準備をして、今日の昼便で島を出ました。島を出るときはまだ真夏の太陽が照りつけていましたが、夕方、柳井のエディオンに行った頃には、空は台風接近を予感させるような、怪しげな雲に覆われていました。台風被害がありませんように。


              2019年8月4日

              0

                いつもの道

                 

                 定期船乗り場から民宿への近道。今年4月に公民館と駐在所の間から港に出られるように通り道ができてから、ここをよく通るようになりました。ちょっと狭い道ですが、練塀がたくさん残っているので、お客さんを案内するのにはちょうどいい道です。


                2019年8月3日

                0

                  中波止

                   

                   今日は民宿のお客さんが大勢で、とても忙しかった。夏休みになると、お子さん連れのお客さんが増えます。そういうときは、いつもと違ってハプニングも多い・・(~_~;)。


                  2019年8月2日

                  0

                    セミ

                     

                     夏、真っ盛り。いろんな虫が出てきます。畑に行ってみると、同級生がプレゼントしてくれたスモモの木にセミが何匹かとまっていました。セミ以外にも、アブやら蚊やらムカデやらクモやら、いろんな虫が出てくる季節。暑いけど、虫たちにとっては今が一番活動できる季節なのでしょう。


                    2019年8月1日

                    0

                      上関大橋

                       

                       今日も午前中から暑くなりました。島ではおばちゃんたちが毎日「アイスはあるかや?」と言いながら店に入ってきます。午後から、上関でパソコンの仕事をしたので、そのあとで柳井に出てアイスをしっかり仕入れてきました。(^_^)

                       夏空にかかる上関大橋、今年で50周年を迎えたとか。50年前と言えば私が小学3年生くらいだったでしょうか?開通の時には、上関町全体が祝賀ムードにつつまれていて、婦人会の皆さんがお揃いの浴衣姿で「上関大橋音頭」を踊り、祝島の櫂伝馬もはるばるやってきました。僕たちも橋を記念に渡りに行きましたが、今では信じられないくらいの多くの人であふれていたのを覚えています。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する