2019年1月2日

0

    行者様

     

     新年2日目。午前中はお宮に、午後は行者様に初詣に行きました。例年は行者様には同級生と一緒に上がっていましたが、今年はみんなバラバラだったので、嫁さんと二人で。行者様のおみくじ、僕は「中吉」、嫁は「吉」、どっちが良いのかよくわかりませんが、中身を読んだら、なんとなく僕の方が良さそうな感じでした(^_^)。ついでなので、久しぶりに峠のびわ畑や、カタアのため池も見に行きました。去年はほとんどできなかった山仕事、今年は時間を確保して、ちゃんとやりたいと思います。


    2019年1月1日

    0

      初日の出

       

       2019年、明けましておめでとうございます。祝島は比較的穏やかな新年を迎えました。

       昨年はあまりにも忙しくて、時の流れに追いつけない状態だったので、今年は少しゆるやかに過ごしたい・・・「一年の計は元旦にあり」ということで、初日の出を拝んだ後は寝正月でした。そしたら、某テレビ番組で、「本来は元日は家で何もせずに、歳神様と過ごす」・・と解説していた。ということは、今日は意外と正しい元日の過ごし方をしていたということかな?(^○^)


      2018年12月31日

      0

        大晦日

         

         いよいよ大晦日。店の営業は昼まで。嫁さんは早朝から予約のおせち作りで大忙しでした。おせちが出来上がったら早速配達。それが終わったら注連飾りの飾りつけ。祝島では大晦日の満ち潮の時間帯に飾るという風習があるのです。今年は朝10時頃から午後3時頃までなら大丈夫ということでした。うちはおせちの配達が終わったあと、午後3時前にやっと飾り付けました(^_^;)。それから墓参りやらお寺参りやら・・、それから蓬莱館の片付け、夜になったら同級生が集まって宴会、そして善徳寺で除夜の鐘つき。最後の最後まで忙しい大晦日。今年を象徴するような一日でした。来年はもうちょっとゆったりと過ごしたいと思います。皆さん、良いお年を。

         


        2018年12月30日

        0

          餅つき

           

           今日は餅つきをした家が多かったようです。うちも2年ぶりに餅つきをしました。久しぶりなので、間違わないように、マニュアルを見ながら、慎重に部品を取り付けて、無事に餅つき完了しました(^_^)。

           いよいよ明日は大晦日。予約いただいているおせち料理を作るため、嫁さんは夜になっても大忙しです。ご苦労様!


          2018年12月29日

          0

            冬の西波止

             

             今日も寒い一日でした。天気予報は晴れだったのに、時おり雪雲が流れ込んできていたようです。夕方の定期船が着くころには、少し雪も舞っていました。そろそろ帰省客も増えてきました。今年もあと二日。いよいよ押し詰まってきました。


            2018年12月28日

            0

              いわい

               

               今日は西風が強く、寒い寒い一日でした。定期船いわいは、白波の立つ海をがんばってやって来ました。午後3時ごろに、役場からの放送がかかったので、「もしかして晩便は欠航?」と一瞬思いましたが、祝島の水道の水の貯水量が少なくなっているので節水を呼びかける放送でした。10月11月の降水量が少なく、12月も小雨ばっかりで、水がたまるほどではなかったようです。昔と違って、人口が減ったので、ここ数年はあまり水不足にならなかったのですが、今年はちょっと違うようです。

               夜は消防団の夜警(火の用心)の担当日でした夜8時に公民館に集まり、島内を歩いて火の用心の見回りをしました。

               


              2018年12月27日

              0

                民宿カレンダー

                 

                 夕方の船で祝島に帰ってきました。冬型の天気になり、西風が強くハナグリから祝島までは、かなり揺れました。でも、今の船は、座席に座ったままだと、海が見えないので、押し寄せてくる波が見えず、かえって恐怖心があまりありません。いいような悪いような・・。(^_^;)

                 同じ船で、「2019民宿くにひろ卓上カレンダー」が届きました。今回は、来年の祝日が決まらなかったので、発注が遅くなり、年末ギリギリになってしまいました。通販コーナーでも年明けから販売しますので、よろしく!(^○^)


                2018年12月26日

                0

                  ミニにゃん

                   

                   今年も残すところ1週間を切り、「今年最後の○○」という言葉を多く聞くようになりました。僕も今日は「今年最後の柳井でのパソコンの仕事」。明日は「今年最後の店の仕入れ」をして、島に帰る予定です。

                   くにひろストアーは31日の午前中まで営業予定。年賀状もこれから・・。まだまだすることはいっぱい残っています(~_~;)。

                   写真は「○○と太っている」ミニにゃん(^○^)。


                  2018年12月25日

                  0

                    みかんもぎ

                     

                     今日の午前中は昨日の続きで、周防大島でミカンもぎ。朝は寒かったので着込んで作業してたら、10時頃にはポカポカ陽気で汗をかくくらいに。12月とは思えないほどの暖かさのクリスマスでした。

                     


                    2018年12月24日

                    0

                      早朝の月

                       

                       朝6時40分頃、ひらぎに出てみると、西の空の月が、ちょうど山の向こうに沈むところでした。今年最後のお客さんは、1組は朝便で出発、もう1組は昼便で出発でした。僕たちも昼便で出て、午後からは今月3度目の周防大島でのミカンもぎのてごをしました。

                       今日はクリスマスイブ。祝島では、あまりクリスマスらしいことはしなかったのですが、行きしなに柳井港のケーキ屋さんでクリスマスケーキを買って行き、夜は周防大島のミカン農家さんのところで、一緒に食べました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する