2018年10月27日

0

    庭の柿

     

     民宿の庭の柿の木、今年はなんと2個しか実を付けていません(~_~;)。貴重な柿の実です。


    2018年10月26日

    0

      道こしらえ

       

       明後日の日曜日は毎年恒例の「道こしらえ」の日です。・・が、僕たちは日曜日に室津で「鈴々舎馬るこ 落語会 in 上関」のイベントを開催するため、「道こしらえ」に出られないので、今日、前もって作業をやっておきました。高齢化のため、作業に出られる人がだいぶ減っているためか、すでに道の両側は草刈り機で刈ってくれていたので、刈られた草をのけて、竹ぼうきできれいに掃き掃除をしました。かれこれ1時間半くらいの作業で、お墓のところから、「くどれ」のところまで、きれいにしました。


      2018年10月25日

      0

        金毘羅丸

         

         周防大島にかかる大島大橋に貨物船が衝突して通行止めになっているために、周防大島と本土を結ぶ臨時便として、祝島にも臨時で来てくれる「金毘羅丸」が活躍しています。多くの人が利用しているようです。周防大島の椋野港と柳井港を結んでいます。柳井港では、祝島行の「いわい」と同じ桟橋を使っています。


        2018年10月24日

        0

          朝日を浴びて

           

           今日は柳井で仕事のため写真がありません・・ので、先日祝島で撮った写真を・・。日の出の時間、祝島はオレンジ色に染まります。写真は東浜にある石垣です。


          2018年10月23日

          0

            室津

             

             今日から三日間、よそ行きです。室津港を出て柳井港に向かう「いわい」を見送ります。手前の船は清水石油店の給油船。

             


            2018年10月22日

            0

              黄昏時のひらぎ

               

               黄昏時のひらぎ。民宿の窓からの光が暖かく感じるようになりました。最近は空き家が多く、夜に灯りがともっている家が少なくなりました。10年後、20年後、どうなっているんだろうと、ふと考えてしまう今日この頃です。


              2018年10月21日

              0

                島の朝日

                 

                 朝便に乗って、日帰りで島を出ました。港に出ると、ちょうど天田島あたりから日が昇るところでした。今日は母が入所している「かみのせき苑」の「ふれあい交流会」に参加。母も、島から入所している他のお年寄りも、みなさん元気でした。祝島の関係者もたくさん参加されていたので、食事会はとても賑やかでした。今日は施設の中をいろいろと見学させてもらいました。見学者も結構施設を気に入って、「私もここを予約しちょこうか」などと話している人もいました(^_^;)。


                2018年10月20日

                0

                  トンバイ塀

                   

                   テレビで「ブラタモリ」を見ていたら、焼き物の町・有田の特集でした。ここには、祝島の練塀にそっくりの「トンバイ塀」があり、今日の番組にも登場しました。祝島の練塀は海岸で拾ってきた石を使いますが、このトンバイ塀は、焼き物の窯に使っていたレンガ(これをトンバイと呼ぶようです)を使っています。どちらも、作りは一緒で、その土地にふんだんにある材料を使っています。数年前に、私たちも有田まで見に行ってきました。そのときにタクシーの運転手さんが案内してくれた場所も登場して、ちょっと懐かしかった。


                  2018年10月19日

                  0

                    二階の窓から

                     

                     民宿の二階の窓から見る朝日。なかなかきれいです。夏の間はずっと見ることができますが、これから冬になると、日が昇る場所がもっと右側に移動するので、残念ながら隣の家に隠れて見えなくなってしまいます。


                    2018年10月18日

                    0

                      島ネコの道

                       

                       定期船乗り場が5月から今の場所に変わったため、港から民宿にお客さんを案内するコースも変わりました。以前は練塀のきれいな通りを歩いていたのですが、今は島ネコのたくさんいる道を通ります。ネコ好きのお客さんは、これだけでも大喜びされる方もいます。でも、リヤカーで荷物を運ぶ時は、ネコがなかなか避けてくれないので、結構じゃま。ここを通るときは、ネコを引かないように、慎重に運転しています(~_~;)。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する