2017年2月23日

0

    高校の志願倍率 昼便で島に帰ってきました。テレビの県内ニュースで高校の志願倍率が放送されていました。熊毛南高校の募集定員はなんと78人。たぶん2クラスということでしょうか。僕たちの頃は200人で5クラスありましたので、当時の5分の2になっています。それだけ子どもの数が減ったということですね・・。日本の将来、大丈夫でしょうか・・。

     ちなみに2クラスだと、A組とB組だけですね。ダー組はもうないんですねぇ・・(^_^;)。
     


    2017年2月22日

    0

      欧舌さんのケーキ 「わいわいタイムス」2月号の完成記念(ちょっと遅くなりましたが・・)欧舌さんのケーキ、今回は「いちご一会」とクマさんの乗った「ティラミス」。その向こうにあるのは、広島県の佐木島から送られてきた「はるみ」。どれもこれもおいしゅうございました。(^O^)


      2017年2月21日

      0

        島の夜明け 今日は火曜日、ごみの日です。うちの近くのゴミ収集場所は、ひらぎを通って、善徳寺の前を通りすぎたところです。ここに来るとちょうど道の向こうの東の空から日が昇るところでした。明日が柳井で仕事なので、今日は昼便で島を出ました。
         


        2017年2月19日

        0

          エンドウマメの花 今日は青空が広がり、穏やかで暖かい一日になりました。ブロッコリーやハナッコリーを収穫するために、畑に行ってみると、エンドウマメに花が咲き始めていました今年も絹さやエンドウとスナックエンドウを植えています。収穫までもう少しの辛抱です。
           


          2017年2月18日

          0

            宵の明星 最近、日が沈むと、南西の空(祝島では山の上)に、宵の明星(金星)がとても明るく輝いています。右の写真は今日の夕方6時20分ごろにスマホで撮影したものです。写真の中央から少しだけ右側にぽつんと白い点があります。画面についたゴミのように見えると思いますが(^_^;)、これが金星です。

             金星は昨日が最大光度だったそうで、1等星の170倍の明るさで、マイナス4.6等星なのだそうです。2月中はこのくらいの明るさで輝いているらしいので、日が暮れたらぜひ南西の空を見上げてみてください。
             


            2017年2月17日

            0

              小雨の祝島 今日は朝から夕方まで小雨が降ったりやんだりのすっきりしない一日でした。弱い春一番という感じの南風が吹いたので気温は高めで、なんとなく南からやってきた感じの空気に包まれていました。

               ・・ということで、晴耕雨読。今日は、読みかけていた「小説 吉田拓郎 いつも見ていた広島」を一気に最後まで読みました。まだ全国区になっていない広島時代の拓郎の青春物語、こんな時代があったんだなぁ・・と思いながら、興味深く読みました。最後の方はyoutubeで拓郎の曲を流しながら読んでいました。「今日までそして明日から」「人生を語らず」「我が良き友よ」「落陽」「夏休み」・・。いいですねぇ。(^_^) 

               
               


              2017年2月16日

              0

                春のような天気 今日は春らしい、おだやかで暖かい一日でした。お客さんもいなかったので、普段はなかなかできない部屋の片づけをしていました。片付けのついでに、部屋の隅においてあった両親が使っていた全身マッサージ器を出して使ってみると、なかなか快適なので、僕たちが使うことにしました(^_^)。
                 


                2017年2月15日

                0

                  ひじきの乾燥 2月に入り、祝島では「ひじき採り」のシーズンになりました。大潮の時に収穫したひじきは、大きな釜でじっくりと炊かれたあと乾燥させます。今、島のあちこちでひじきを干しているのを見ることができます。島でひじきを採るのは2〜4月の3カ月間だけ。春の風物詩なのです。

                   祝島のひじきは柔らかくて、美味しいのでとても人気があります。民宿でも、朝晩の食事のメニューに、必ずひじきが登場します。
                   


                  2017年2月14日

                  0

                    台湾からのお客さん 台湾からのお客さんは、小さい子供たちを含む4家族あわせて13名のご一行。うちとみさき旅館さんに分かれて宿泊されました。朝ごはんのあと、みんなを案内して島内を巡りました。お互いにカタコトの英語での会話でしたが、ゼスチャーを交えて楽しい観光案内になりました。写真は東の海岸でのシーグラス拾い。大人も子どももとても喜んでいました。
                     


                    2017年2月13日

                    0

                      みににゃん 民宿のアイドルになっている島ネコ、見知らぬお客さんが来ても恐れずにすりよってきます。運がいいと、民宿の夕ご飯の刺身の切れ端がもらえるのです。僕たちは「ミニにゃん」と呼びますが、となりのオバサンは「文太」と呼びます。他の所でも何か別の名前で呼ばれているかも知れません(^_^;)。

                       今日は夕方の船で台湾からのお客さんを迎え、民宿は大忙しでした。

                       
                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する