2020年6月14日

0

    ミニトマト

     

     畑のミニトマトが、やっと色づき始めました。くにひろストアーで売る弁当にミニトマトの赤が入ると、それだけでも華やかな感じになるので、これから夏の間、活躍してくれることでしょう。もちろん、民宿の食事にも使うのですが、コロナの影響で、いつからお客さんを受け入れられるか、まだ先が見えません・・。


    2020年6月13日

    0

      梅雨

       

       今日も朝から雨が降ったりやんだりの一日。夜になって短時間ながら土砂降りの雨も。こう雨が降ると、畑仕事もなかなかできませんが、水やりをしなくていいので、楽なところもあります。何事もメリットとデメリットの両面がありますね。

       昼便で荷物が来ることになっていたので、リヤカーを引いて取りに出ました。昼便が着く時間に雨が降っていなければいいが・・と思っていましたが、日ごろの行いが良かったのか、この時はたまたま雨がやんでいました。ラッキー(^^)。


      2020年6月12日

      0

        梅雨の晴れ間

         

         日中は雨もひと休み。一瞬青空も見えましたが、それもつかの間、またすぐに曇り空に戻りました。なかなかスッキリと晴れないし、油断すると急に雨が降り出すので、洗濯物もたまる一方の今日この頃です。

         そういえば、一時的に雨が降るのを、祝島では「すばえ」と言います(「うら!すばえだぁたで。いなんにゃあ。」という感じで使います。)。標準語では「にわか雨」ですね。この方言は祝島だけでしょうか?それとも山口県東部では使われているのでしょうか?ネットでちょっと調べたら、周防大島では使われているようです。

         


        2020年6月11日

        0

          梅雨入り

           

           天気予報通りに雨になり、山口県地方も本日梅雨入りとなりました。去年よりは15日早く、平年よりは6日遅い梅雨入りだそうです。山口県は中国地方でありながら、なぜかいつも九州北部とセットになっています。まあ、その方が実際の天気に合っているのかもしれませんが・・。そういえば、子どもの頃は天気予報を見るときに、山口県ではなくて大分県の天気の方が祝島には合っていましたね。


          2020年6月10日

          0

            ナス

             

             夏野菜の収穫第一号はナスでした。最初の実は早く取ってあげた方が負担がかからなくていいらしいので、まだ小さいけど、こないだ収穫して食べました。

             今日から当分の間は雨模様の天気が続きそうで、中国地方も今日梅雨入り。でも、山口県は中部から西部で雨が降らなかったので、梅雨入りはおあずけ、明日になりそうです。明日の天気は「大雨」の予報です。


            2020年6月9日

            0

              ナナちゃん

               

               2〜3年ほど前に近所で生まれたナナちゃんは生まれつき後ろ足2本が不自由で、どうなるかと思ったけど、たくましく育っています。人に慣れないので、人が近づくとすぐに逃げるのですが、障害物があってもなんとか越えていきます。行動範囲もだいぶ広くなって、思いがけない所で見かけることもあります。がんばれ!ナナちゃん。


              2020年6月8日

              0

                クサフグ

                 

                 6月の三浦湾。毎年ここではクサフグの産卵が行われています。産卵が近くなるとクサフグがたくさん集まってきて、産卵の日を待ちます。対岸の室積海岸のクサフグ産卵は、天然記念物に指定されていて、光市のWebサイトで産卵予測日時を見ることができます。おそらく祝島でも同じくらいの時間帯に産卵が行われていると思います。

                 


                2020年6月7日

                0

                  行者様への道

                   

                   峠の梅をもぎに行きました。まずは梅シロップや梅酒作りのためにこの時期に青梅を採り、あと2〜3週間くらいしてだいぶ熟れてきたら梅干し用の実を採ります。

                   うちの梅は行者様に行く道のすぐ横にあります。行者様に続く道は、昔ながらの土と石の道。竹林の中を歩く時も、どことなく神仙な雰囲気があります。


                  2020年6月6日

                  0

                    運動場

                     

                     学校の上の家まで配達に行くのに運動場を通ったら、運動場がお花畑になっていました。時々ボランティアで草刈りをされているようですが、いろんな植物が勢いよく伸びるこの時期、ちょっと油断すると、あっという間にこの状態になってしまいます。

                     来年の4月から、祝島小学校が再開される予定です。元の校舎は古くて耐震基準を満たしていないことと、生徒が少人数なので、中学校の技術家庭科室の建物をリフォームして使う予定だそうです。かつて大勢の小中学生が賑やかに駆け回ったこの運動場にも、子どもたちの声がもうすぐ戻ってきます。


                    2020年6月5日

                    0

                      草刈り

                       

                       半月くらい前から草刈り機のエンジンがかからなくなって、ネットで調べてはあれこれ試行錯誤しながら、修理していたが昨日、やっと直って動くようになったので、昨日・今日と草刈り三昧(^-^;。今日は祝島ネット21の「にこにこ農園」の草刈りをしました。祝島ネット21の会員の皆さんがこの畑を使えるように借りているのです。

                       ところで、先日柳井のナフコに行って、店員さんに草刈り機のエンジンがかからないことで相談したら、7割くらいはキャブレターが詰まってしまうのが原因とか。でもここを修理するのは大変らしく、部品としてキャブレターを買って交換するのなら素人でもなんとかできるかも・・・とのことだったが、これが1万5千円もする部品で、これを買って、もし直らなかったら・・と思うと、高くてよう買わんかった。結局、ネットで買ったプライマリポンプ200円と、ナフコで買った点火プラグ800円を交換したら、うまくエンジンがかかるようになった。コロナの影響で民宿が休業状態で財政難の中、1000円で直ったのはラッキーだった!(^^)



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する