2011年11月12日

0

    黒糖ドーナツ棒 11月27日(日)に柳井で開催予定の脱原発イベントの実行委員会が開かれて、それに参加したら、高校の時の歴史の先生Y根先生も参加されていて、30数年ぶりの再会(^_^)。もう定年退職されたとのことだが、まだまだお元気そうだ。話し方も当時のままだった。
     こないだの長谷川さんの講演会には地理のM高先生が来てくれたし、室積に住んでいた時のアパートの大家さんは数学のM田先生だったし、なにかと熊毛南高の先生方と縁があるなぁ・・(~_~;)。ちなみに、27日のイベントの実行委員長は、現役の熊毛南のY井先生だ(^_^;)。
     写真は今までの話とはまったく関係なく、今日「なでしこリーグ」で優勝を決めたINAC神戸のユニフォームの胸に書かれている「黒糖ドーナツ棒」。こないだ周南市のKさんにもらったもの(^_^;)。


    2011年11月11日

    0

      波止場のカモメたち ここ数日で急に寒くなった。光の事務所はもう寒くて、冬支度が必要になった(~_~;)。ペルー沖の海水温が例年より低くなる現象ラニーニャが発生しているので、日本のこの冬は寒くなると予想されているようだ。エルニーニョというのは聞いたことがあったが、ラニーニャというのは初めて聞いた。そもそもこの覚えにくい単語の意味はなんじゃろうか?と思って調べたら、エルニーニョは「男の子」という意味で、ラニーニャは「女の子」という意味のスペイン語らしい。ふーん(-.-)。、 


      2011年11月10日

      0

        雑誌「オルタ」に原稿書きました 今日放送されたNHKの番組「地球イチバン」では風力発電の島デンマーク・ロラン島が紹介された。途中からしか見れなかったが、とても面白い内容だった。
         デンマークにおいてオイルショックで持ち上がった原発建設の方針に対して国民が要望したのは、「原発がいいのか悪いのか考えるために3年間の時間が欲しい」ということ。それに対して国は、その意見を取り入れ、国民が原発について勉強する時間と、そのための本を作った。その本は原発のメリットとデメリット、推進派の意見と反対派の意見が併記されたもの。その本で勉強した国民は原発を受け入れない判断をした、そこからデンマークでは風力発電に力を入れるようになった・・・。
        国が国民の意見を聞き、国民の判断に従う。・・・日本とはえらい違いだ!
        http://www.nhk.or.jp/ichiban/history/h2/index.html
        ↑上の番組HPで、わりと詳しく番組の紹介がされているので、ぜひ見てください。でも、僕が一番印象に残った、上に書いたような情報は掲載されていません。(-_-;)
        ・・・でも、そのデンマークの情報がたまたま雑誌「オルタ」の最新号に掲載されていました!面白いので、ぜひ読んでみてください。小出先生の講演録も載ってます。ついでですが、「祝島通信」というコーナーもあり、毎回違う人が原稿書いているのですが、今回は僕が原稿書きましたので、買った人はついでにそこも読んでください(^_^;)。


        2011年11月9日

        0

          季節の花ツワブキ 日帰りで島に帰ってきた。今日はあれこれとやることが多かったので、畑には少しだけ行ってみた。
           11月から12月にかけてのこの時期に、道端や畑の脇で鮮やかな黄色い花を咲かせるツワブキ。祝島ではただ「ツワ」と呼ぶ。虫が少なくなるこの時期に咲くのはどんな理由があるのだろうか?他の花が少なくて目立つからだろうか?


          2011年11月8日

          0

            今年は柿が豊作 今年は柿が豊作なのか、いろんな人が柿を持ってきてくれる(^_^;)。車で走っていても、道端の柿の木にいっぱい実がついているのをよく見かける。おかげでこのところ毎日1つは柿を食べている(^_^)。


            2011年11月7日

            0

              かりよん広場 11月27日(日)に柳井市で大規模な脱原発イベントをやろう!という企画があり、今日は現地を見に行った。柳井の駅の裏にあるショッピングセンターの敷地の一番柳井港寄りのあたり、駅からの地下道を出たところにある広場、「かりよん広場」というらしい。(「かりよん」ってどういう意味なんじゃろうか?)
               この「かりよん広場」をメイン会場にして集会をやって、そして、Mr.Maxの近くのSLのある広場がサブ会場。サブ会場ではアースデイみたいにいろんなブースに出店してもらおうという計画・・・を、今日立てた(^_^;)。あと3週間しかないので、どれだけの準備ができるじゃろうか・・・。
               とにかく、11月27日(日)の午後は「かりよん広場」に集まろう!


              2011年11月6日

              0

                室積の高台から祝島を望む 小雨が降ったりやんだりの一日。光市千坊台から「かんぽの宿」に続く高台の道を走ると、写真のような感じで祝島を望める場所がある。
                 祝島も雨があがったばかりなのか、まだ雲がかかっていた。右に見えるのは象鼻ヶ岬。御手洗湾に向かっている船(小さいので見えるかな?)は室積と牛島を結ぶ定期船「牛島丸」。かつては祝島から室積に定期船が通っていた時代もあったようだ。考えてみたら、今は船も早くなっているので、朝7時に島を出て、夜7時に島に帰るくらいの定期船が1本あれば、光市は祝島から十分通勤圏内になるなぁ・・シケたときは大変そうだが・・(~_~;)


                2011年11月5日

                0

                  おだまりあめ 祝島名物「おだまり飴」のシーズンがやってきた(^O^)。気温が高いと溶けてしまうので、作るのは11月から春先にかけての気温の低い季節限定。島のおばちゃんの手作り飴だ。黒糖がたっぷり入った飴なのだが、結構大きくて、口に入れるとしゃべれなくなってしまうので「おだまり飴」という名前が付いた。いったい名付け親は誰なんじゃろうか?うまいこと考えるもんだ(^_^;)。10数個入りで1袋300円です。祝島のえべす商店などで販売しています。ぜひお買い求めください。


                  2011年11月4日

                  0

                    少しだけ色付き始めた祝島 午前中は法事。午後から畑へ。今日はヤブの草刈りだけやろうと思っていたら、ヤブの中にイモの葉っぱのようなものがいっぱい見えて、「ありゃあ、なんじゃろうか?」と思っていたが、通りがかりのオバサンに「あんたー、あそこにもイモを植えちょったんじゃのんたー」と言われて、「やっぱりイモかー!、それにしてもなんでこんなところに?」と思ったが、どうやら、ここに植えたのを忘れていて(^_^;)、夏の間に草に覆われてしまって見えなくなってしまっていたのだろう。秋になって雑草が枯れてきたので、葉っぱが見えるようになったようだ。4時過ぎから焦ってイモ掘りしたら意外と出来がよかった(^_^)。
                     山の方は少し色付き始めていた。写真じゃ、わかりづらいかな?


                    2011年11月3日

                    0

                      上関のおみやげを作ろう! 文化の日。上関でも愛ランドフェア、ま、わかりやすく言うと、町民文化祭が開催された。町民体育館では絵画や写真、習字、工芸などさまざまな作品が展示されていた。グラウンドにもいくつかのブースがあり、その中で、一番期待感を感じたのがここ。女性グループによる「上関の新しいおみやげを開発しよう!」という企画。4種類のクッキーでどれが一番好きか、という試食アンケートを実施していた。ひじき、みかん、よもぎ、えびの4種類のクッキー、僕が行ったときはもうひじきは品切れだったので、他の3種で食べ比べ。評価は1位よもぎ、2位みかん。一般的にはよもぎは4位だったが、僕の感覚では一番クッキーに合った味だったような気がする。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する