2017年2月12日

0

    庭のボケ 気温はまだ低いものの、昨日までに比べると穏やかな天気になりました。庭のボケの花もポツポツと開花し、少しずつ春が近づいている気配がします。例年4月に花見のイベントを企画しているので、今年の桜の開花はいつ頃になるか、そろそろ気になり始めました。

     桜と言えば、上関の城山歴史公園には早咲きの河津桜があり、ソメイヨシノより1カ月くらい早く咲きます。ここ数年は花見に来られる観光客も増えてきたようです。今年の城山歴史公園の桜まつりは2月25日(土)〜3月5日(日)だそうです。お近くの方はぜひ行ってみてください。上関町観光協会のWebサイトに河津桜の開花状況が随時UPされています。

     
     


    2017年2月11日

    0

      雪化粧の祝島 昨日の夜、寝る頃には夜空に満月や星が出ていたのに、朝目覚めると雪が積もっていてビックリ!どうやら明け方の3時から5時くらいの間に雪が降っていたようです。屋根や畑、山の方は白くなっていました。昼までには雪はほとんど融けてしまいましたが、祝島は久しぶりの雪化粧でした。

       
       


      2017年2月10日

      0

        祝島の伊予柑 祝島の段々畑で作るミカンなどのかんきつ類は甘みも酸味もあり、とても美味しいです。今年は、近所の農家さんが作るミカンとイヨカンを、民宿くにひろのメルマガ会員の方と祝島ネット21の会員の方に限定して販売しましたが、どちらも大好評でした。

         民宿のメルマガ会員の方には、祝島関係のイベントなどの情報の他に、ときどき農産物の直販情報などもお知らせしています。こちらで会員登録していただくと、月に1回か2回のペースで祝島情報をお届けしています。もちろん登録は無料ですので、興味のある方は、お気軽に登録してください。
         


        2017年2月9日

        0

          室津の港 昨日が柳井で仕事だったので田布施に宿泊し、今日は買い物などをして、夕方の船で島に帰る予定でしたが、昼から海が時化るような予報だったので、予定変更して昼便で島に帰りました。すでに、それなりに波がありましたが、午後からはかなりの強風になり、波も高くなっていたので、昼便で帰っておいて正解でした。

           写真は昼便に乗る前の室津の港。このあと時化ることを予感させる黒雲に覆われていました。
           


          2017年2月8日

          0

            カタアの航空写真 先日宿泊されたお客さんから、国土地理院のサイトの地図・空中写真閲覧サービスで、航空写真をダウンロードできると教えていただき、祝島付近の昔の航空写真を何枚かダウンロードしてみました。右の写真は1975年(私が中学1年生のとき)に撮影されたものです。ほとんどは白黒写真だったのですが、この写真は数少ないカラー写真です。カタアの付近の当時の様子がとても良くわかります。左上にカタアのため池があり、その下に棚田やミカン畑がきれいに整備されています。

             
             


            2017年2月6日

            0

              時化の海 今日は思いのほか風が強くなり、定期船「いわい」の朝便は欠航になりました。昼便と晩便はやってきましたが、白波の中で大きなしぶきを上げていました。だいぶ揺れたんじゃないでしょうか。

               明日は、よそ行きの予定です。シケが一日前でよかった(^_^;)。
               


              2017年2月5日

              0

                岡田奈々の見つめる先に祝島 下松市制75周年記念として制作された映画『恋』(2014年公開)。下松市内でロケが行われ、懐かしい岡田奈々が出演しているのです。この映画が、1~2か月前にKビジョンで放送されたので録画しておいたのですが、なかなか観る時間がなく、のびのびになっていたのを、こないだやっと観ました。映画の1シーン、岡田奈々が演じるヒロインが見つめる海の先には・・なんと!祝島と小祝島らしき島影が映っているではないですか!

                 大人の恋の物語、なかなか良かったと思います。この映画をまだ観ていない方はぜひご覧ください。
                 


                2017年2月4日

                0

                  立春の三浦湾 三浦湾に行きたいというお客さんに付き添って、私たちも久しぶりに三浦に行きました。立春の今日は風もなくポカポカ陽気でとても気持ち良かったです。このまま春が来ればうれしいのですが、天気予報では来週末にはまた寒くなるとのこと。そう簡単に春は訪れないようです。

                   
                   


                  2017年2月3日

                  0

                    夕陽に染まるハナグリ 午前中にあれこれと用事を済ませ、午後からまた峠に上がって、草刈り&木こり作業をしました。ヤブがだんだんきれいになっていくのはうれしいですね。冬のこの時期限定ですが・・。春になって、暖かくなったら、草を刈る速さより草が伸びる方が早くなります(>_<)。

                     今日は夕方5時過ぎまで峠で作業をしていました。ビワ畑の段々畑に出てみると、ここから正面に見える長島やハナグリなどの島々に夕陽が当たって、きれいなオレンジ色に染まっていました。でも、のんびり見ていると、日が沈んで暗くなるので、焦って帰りました。行者様から竹林などを抜けて歩く道はだいぶ暗くなっていました。ヨメサンと二人なので、そうでもないですが、この時間にここを一人で歩くと、かなり怖いですよ(~_~;)。
                     


                    2017年2月2日

                    0

                      季刊しま 日本離島センターが発行している季刊「しま」の最新号(2017年1月号)に、同じ上関町の八島の記事が載っています。祝島にも何度か来られた離島ライターの斉藤潤さんが書いた記事で、「瀬戸内海の今を歩く」という連載記事です。毎回、よくこんなに書けるなぁ・・と感心しているのですが、今回の八島の記事も、16ページに及ぶ長い記事で、読みごたえがあります。僕の知っている八島で1軒だけのお店のおばちゃんも登場しています。読んでみたい方は日本離島センターへお問い合わせください。

                       
                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する