2018年8月20日

0

    伊美別宮社にて

     

     昨夜は徳山に宿泊し、今朝のフェリーで九州・国東半島に渡ってきました。まずは伊美別宮社にお詣り。里楽師のお二人が出迎えてくれました。ここは皆さんご存知のように、祝島と神舞神事で千年前からつながっているお宮です。そして私たちが結婚式を挙げた場所でもあります。早いもので、あれからもう6年経ちました。

     このあと、今年亡くなられた里楽師さんの家を訪ね、お線香をあげてきました。僕の生まれる前から神舞の時にはうちに泊まられていた方で、とてもやさしい方でした。2年前の神舞では「今回で引退」と言いながらも元気に舞われていたのですが・・残念です。

     そして、結婚式の時に大変お世話になった、お宮の近所の写真館を訪ね、奥さんとお話をしていて、急に「一緒に姫島に行きましょう!」ということになり、急いで姫島行きのフェリー乗り場に。姫島に渡って、姫島特産の車エビフライ定食を食べていると、姫島の大帯八幡社の宮司さん(前の神舞の時に知り合いになりました)がやって来られ、島の見どころをあちこち案内してくださいました。

     今回の旅ではいろんな方にお世話になりました。ありがとうございました。

     

     


    2018年8月19日

    0

      よつば祭に出店

       

       朝便で島を出て、周南市の海風診療所で毎年開催する「よつば祭」に祝島特産品ブースを出店しました。ここの診療所の夏祭りのようなものでしょうか。初めて出店しましたが、近所の人たちや常連さんがたくさん集まり、ビンゴ大会やもちまきもある楽しいイベントでした。もちまきのときは私も血が騒ぎ(~_~;)、ついつい本気で拾ってしまいました。結構たくさん拾いましたよ(^_^;)。


      2018年8月18日

      0

        三浦wん

         

         今朝もさわやかな気持ちのいい朝を迎えました。今までが暑かった分、急に秋が近づいたような気がします。今日は店の休憩時間に、ちょっとバイクに乗って三浦まで行ってきました。

         明日から用事のため島を出るので、台風対策の戸締りを早めにしておきました。台風19号、20号の進路が心配です。被害がありませんように。


        2018年8月17日

        0

          カメジョーサー

           

           今朝は涼しい風が吹いて、ちょっとだけ秋の気配がしました。酷暑と言われたこの夏も、ようやく終わろうとしているようです。「盆が過ぎると涼しくなる」と昔から言われていますが、異常な夏と言われても、やはり季節はめぐっているんですね。

           民宿のお客さんのために頼んでおいた魚を受け取りに港までやってくると、漁船の近くに「かめじょうさあ」が首を出していました。船からおばさんが雑魚を投げると、あっという間に潜って、その魚をくわえて浮かんできました。雑魚とはいっても、少し大きな魚だったので、飲み込むにはちょっと苦労していたようです(^_^;)。


          2018年8月16日

          0

            宵闇せまる

             

             あっという間に盆が終わってしまいました。島もずいぶん静かになりました。島のお年寄りは、子や孫が帰っていって寂しくなった一方で、ホッとした気持ちのようです。お盆の疲れが少し出るかも知れません。

             

             


            2018年8月15日

            0

              久しぶりの雨

               

               台風の影響で、久しぶりの雨です。畑の作物にとっては恵みの雨になりました。盆踊りができるかな?と思っていましたが、その時間には雨があがっていて、無事にできたようです。


              2018年8月14日

              0

                港の賑わい

                 

                 今年はお盆休みの始まりが11日からと早かったので、昨日あたりからは、島に帰って来る人と、逆に島からもう街に戻る人で、定期船の着く時間には港はごったがえしています。定期船の発着場が変わって初めての帰省の人も多く、「どこに着いたんじゃろうか?」とびっくりした人も多かったようです。上の写真は昨日の晩便が着いた時に撮ったものです。


                2018年8月13日

                0

                  お墓詣り

                   

                   早朝にお墓参りに行きました。今年は猛暑で日照りが続いていたので、思ったほど雑草も生えていないようです。墓の草取りをしてスッキリ。朝のまぶしい光を浴びて、どの家のお墓もすがすがしい感じです。

                   今年は初盆とか法事が多いのか、島に帰って来る人も、例年より多いような気がします。


                  2018年8月12日

                  0

                    日影の坂道

                     

                     毎日、お年寄りのお弁当を配達するのに通る坂道。この坂道は午前中はまったく影がありませんが、午後3時を過ぎると、ご覧の通り、日陰の道になります。日陰になるのを待って、この坂道でウォーキングをするおばちゃんもいます。夏になると日影がとても貴重なものに思えます。


                    2018年8月11日

                    0

                      夕焼け

                       

                       今日も暑い一日でした。今年はお盆の家族連れの帰省客が多く、島の人口がずいぶん増えているように感じます。島を歩いていると、どこの子かわからないけど、海から上がった子供たちが連れ立って歩いているのを目にします。

                       今日は民宿にも島の出身の方のご家族の方が泊り、子供たちはさっそく海に泳ぎに行ってました。祝島で楽しい思い出をたくさん作って、大きくなったらまた子供を連れて島に帰ってきて欲しいと思います。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する