2011年5月5日

0
    センセイお疲れ様  大井先生の作品展とライブは今日が最終回。今日のライブでは、昨日唄わなかった「おおつーに行かなくちゃ♪」とか「どろぼうの唄」などを聞くことができました。
     笑文字は全部で100枚くらい書かれたとのこと。とても好評でした。先生お疲れ様でした(^_^)。
     祝島公演第二弾もいつかまたやれたらいいなぁ・・。

    2011年5月4日

    0
      らいぶは満員御礼  今日と明日はお待ちかねの「大井先生らいぶ」。会場の公民館は大入り満員になった。懐かしい「おっかべーに行かなくちゃ♪」の唄、「おかべめぐり」など、往年の迷曲?には大井先生の教え子世代である、僕たちや1つ上の組の人たちが大いに盛りあがった(^O^)。そして祝島のことを唄った最新のオリジナルソングにみんな聴き入っていた。展示された祝島の風景画と軽快なトーク、そして気持ちが安らぐ唄に、みんな大満足のライブだった。ライブは明日も開催します。ぜひご来場ください。

      2011年5月3日

      0
        笑文字ライブパフォーマンス中! 今日から祝島公民館で「大井しげる作品展&らいぶ」が始まった。
         大井先生の当時の教え子のみなさんや、そのお母さん方、帰省中のみなさん、そしてわざわざ島外から見に来られた方も来場され、先生の作品を堪能されていた。「笑文字(えもじ)」チャリティライブもなかなか好評だった。チャリティで集まったお金は東日本大震災の被災地への義援金として寄付する予定です。
         明日も引き続き作品展と笑文字チャリティライブを行います。そして、夜はお待ちかねの唄ライブ(19時から)です。お楽しみに!

        2011年5月2日

        0
          作品展の準備完了! 昼便で島に帰って、作品展の準備。大井先生はじめ、マサユキ、ベイビー、エベス、みさきちゃんなどが集まって、夕方までかかって準備が完了した(^_^)。明日から本番。みなさんご来場お待ちしております!m(__)m
           夜は久々に蓬莱館に集まって、準備完了祝いの飲み会(^_^)。
           今日はユウサーの誕生日。50代突入おめでとう!

          2011年5月1日

          0
            事務所の屋上から黄砂を見る  すでにゴールデンウイークに突入しているが、僕はあれこれやることがたまっているので、なかなか休みに入れない(^_^;)。でもあさってから祝島公民館で「大井しげる作品展&らいぶ」を開催するため、明日の昼便で島に帰って準備。・・・ということで、今日中にやっておかなければいけないことがいっぱい(~_~;)。事務所から外に出たとき、忙しさで目が変になったのかと思ったら、黄砂が飛んできていて、辺りが黄色くかすんでいた。写真は事務所の屋上から撮影したもの。黄砂で山がかすんでいる。

            2011年4月30日

            0
              熊南体操復活!? 仕事で田布施に行ったら、そこの子が熊毛南高校に通っているようで、話をしていると、どうやらあの”伝説”の「熊南体操」が復活しているらしく、今、6月の体育祭に向けて、猛練習?しているようだ(^_^;)。
               「熊南体操」(「ゆうなんたいそう」と読む)は、僕たちが通っていた前後の10年間くらいの人しか経験していないと思っていたが、いつの間に復活したんだろう?
               うわさによると、この体操を考案されたN先生が熊毛南に在籍中の間だけ、この体操を体育祭で踊る?のがならわしだったようで、まさかN先生が熊毛南に帰ってきたということは年齢的に考えて、ないだろうから、この体操を踊って育った僕たちの世代の誰かが熊毛南の先生になって復活させたのだろうか?知っている人は教えてください。
               時間があったら、6月の体育祭をビデオに撮りに行こう!(^O^;)/

              2011年4月29日

              0
                祝島ネット21会報36号  3月中旬に発行しようと思っていた祝島ネット21の会報の編集がやっと終わった(^_^;)。3月末から4月中旬までの間は選挙のため他のことが何もできなかったのだが、その前は何があったのかなぁ・・・、もう覚えていない(~_~;)。
                 今のような時間に追われる日々は早く脱出して、のんびり落ち着いて暮らしたいと思うのだが、そのためには上関原発計画を白紙撤回させなくてはいけない。それさえできれば、今やってることの半分くらいは、やらなくてもよくなると思うのだが・・・。

                2011年4月28日

                0
                  GWプレゼント企画 3月に出版した小出先生の講演録の冊子、1000冊作ったのだが、おかげさまでもうすぐ完売しそうな感じだ。で、あと1000冊を増刷した。これを記念して、ほっぷのゴールデンウィーク読者プレゼントで、この冊子とびわ茶をセットでプレゼントすることになった。明日4月29日発行のほっぷに掲載される。みなさん、ご応募お待ちしています。確実に欲しい方は、通販コーナーで買ってください(^O^;)。

                  2011年4月27日

                  0
                    出版記念パーティーによばれました ホームページ制作を依頼されている「ギャラリー 三匹の猫」の社長のYさんの出版記念祝賀会に呼ばれた。周南市のロータリークラブのメンバーさんや新聞社の社長さんなど、そうそうたるメンバーの中に僕がいてもいいんだろうか(^_^;)と思いつつ、おいしい食事をいただきました。
                     たぶん僕がYさんとの付き合いが一番浅いんじゃないかと思うのですが(まだ数か月なので・・)、Yさんが各テーブルを回られて、そのテーブルの中からマイクでお話をする人を指名され、なんと僕が指名されました。しかも周南市の木村新市長、福島菊次郎さんの次に・・(^_^;)。たいへん光栄でした。

                    2011年4月26日

                    0
                      もうちょっとだったが・・  「広報かみのせき」4月号の表紙は祝島小の卒業式の後の場面。みさきちゃんがみんなと握手しながら学校を後にするところ。
                       僕はたしか自治会長さんのとなりにいたと思うので、写真の右下に写っている手はおそらく僕の手だ(^_^;)。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する