2011年2月1日

0
    畑の友達 日帰りで島に帰って来た。午後から畑にあがってみると、水をためる大きいバケツに氷が1cmくらいの厚さで張っていて、ここのところの寒さを物語っていた。今日は昨日までと比べると、少しだけ暖かくなった。2月に入って、もうすぐ立春ということで、少し春に近づいたような感じだ。ジャガイモを掘った後には小鳥がやってきて、畑をつっついていた(~_~;)。

    2011年1月31日

    0
      講演会チラシと本 今日は一日中事務所で「わいわいタイムス」の原稿作り。今日が締切なので…(~_~;)。いつもなら夜中とか明け方になるところだが、今回はわりと早く、夜10時頃には完成した(^◇^)。発行は2月6日の日曜日。
       さて、京都大学・原子炉実験所の小出裕章先生の講演会を3月に柳井で開催することになりました。昨年末に出版された『隠される原子力・核の真実』という本の出版記念講演で、3月20日(日)の午後、アクティブやないで開催しますので、皆さんぜひご参加ください。そして、講演会の準備会を今週土曜日の夜7時から、柳井文化福祉会館(柳井市体育館の横の建物です)1F文化教養室で行います。チラシの配布やチケット販売、当日のスタッフなど手伝っていただける方はぜひご参加ください。

      2011年1月30日

      0
         訳あって・・削除しました。

        2011年1月29日

        0
          余田の臥龍梅  NHKで諫早湾干拓事業に関するドキュメントを放送していた。巨大事業の必要性がなくなっても目的をコロコロ変えて推進する。環境アセスメントでは推進に不都合な事実は隠され、どんなデータが出ても「環境への影響は少ない」と結論付ける。補償金で賛成派を作って、住民同士を対立させる。これは上関原発計画とまったく同じ構図だ。諫早湾では結局は地元の漁師も農民もどちらも国によって苦しめられることになった。上関でも住民は長年苦しめられているが、上関原発はまだできていない。今ならまだ見直すことができる。
           写真は、柳井市余田の臥龍梅のつぼみ。高校時代から名前は聞いていたが、行ってみたのは今日が初めて。開花まではもうちょっと。


          2011年1月28日

          0
             龍馬の言葉今年は何をやろうかなぁ〜(^o^)、と考えているうちに、もうすぐ一ヶ月が過ぎようとしている(-_-;)。時の流れが速すぎて、押し流されているような感じだ…。夜中にテレビをつけたら、イチローの出演番組の再放送をやっていた。ついつい見ていると、さすがにイチローの言葉には重みがあり、学ぶべきところが多い。光の事務所の机の後ろには坂本龍馬の週めくりカレンダーがかかっていて、こちらもなかなかいい言葉が書かれている。龍馬やイチローの言葉に学ばねば…と思うだけ…。(~_~;) なかなか実行は難しい。(-_-;)

            2011年1月27日

            0
              浅井三姉妹 ホームページ用の写真を撮影するために、今日も「ギャラリー三匹の猫」へ。「創作ひな人形展」に展示される作品はほぼ出そろい、飾り付けをやっていた。展示会は金曜日からだが、一足先に見せてもらった。なかなかかわいらしい作品が多く。女の人にはおすすめの展示会だ。作品を作っているのは山口県内で創作活動をしている5人の女性とのこと。
               写真は大河ドラマ「江」の浅井三姉妹。左から初・江・茶々。よく似ている(^o^)。この人形は和紙を使って作られている。

              2011年1月26日

              0
                福島菊次郎さんの講演会  周南市の「ギャラリー三匹の猫」に行ったら、祝島にもよく来られているあの写真家・福島菊次郎さんの講演会のチラシをもらった。2月3日(木)午後6時から、徳山高校の多目的教室で「わたしの反骨人生」という講演会があるらしい。福島さんは90歳と聞いていたが、なかなか元気である。ぜひ聞いてみたいが、アースデイの打合せと重なってるような・・・(-_-;)。ギャラリーの方は、今週28日から始まる「創作ひな人形展」の準備中だった。なかなかすてきな作品がそろっているようなので、興味のある方はこちらもぜひご覧ください。

                2011年1月25日

                0
                  運動場の水仙 日帰りで島に帰って来た。道端であったおばさんやおじさんに「寒いねぇ」と声をかけると「冷(ひや)いのんたぁ」と返事が返って来る。「寒い」と「冷い」は若干ニュアンスが違う。たしかに今日の寒さは「冷い」の方があっていた。
                   あれこれと用事を済ませて、少しカーチの畑に上がった。カーチにはいつも学校の運動場を横切って、国旗掲揚の階段を上がって、河村の横の細い道をあがる。ここが一番近いのだ。運動場の周りには水仙がたくさん生えている。今年は寒かったせいか、ようやくポツポツと花が咲き出した。
                   

                  2011年1月24日

                  0
                    あ〜!おしいなぁ・・・ 今日も夕方暗くなって走ったので、夕日に向かうことはできなかった(-_-;)。今日は西風がかなりあり、最初に風下に向かって走っているときは楽だったので島田川の近くまでどんどん進んだが、振り返ったとたんに冷たい風で涙は出そうになるし、赤鼻のトナカイのようになりそうだし、なかなか前に進まなかった。帰りついた時は腹も減って、フラフラだった(~_~;)、…が、これで二日坊主達成(^o^)。
                     さて、今日から年賀状の当選ハガキの賞品引き換えが始まった。僕も年賀状を調べてみたら、切手シートが3枚当たっていた。クジ運の無い僕にしてはまずまずかな。そして、なんと1等の2文字違いが!\(◎o◎)/!、いやー、もうちょっとでハワイ旅行に行けるところだったのに…(^◇^;)残念なり〜。

                    2011年1月23日

                    0
                      夕日に向かって!  『カンタ!ティモール』という映画の上映会で、この作品を初めて観た。東ティモールがインドネシアから独立を果たすまでのドキュメンタリーだが、彼らがどのような苦しみや悲しみを乗り越えて、そしてどのようにして独立を勝ち取ったのか。平和とは?幸福とは? 日本の資金が戦争を支援していること、一部の人間の欲望が多くの弱い人間を不幸にしていること。いろいろと考えさせられる映画だった。それでも彼らは明るく歌い、笑い、力強く生きている。僕はどうしてもこういう映画を観ながら、上関町の状況を思い浮かべてしまうのだ。この映画、機会があったらぜひ観てください。
                       こないだ病院で「水分とって運動するように」言われたので、暗くなりかけていたが、少し運動をしようと、虹ヶ浜でウォーキングでも…と思ったが、歩くより走る方がなんとなく慣れているので、結局ジョギングになった。砂浜の上を走ってみたが、意外と砂は入って来なかったので、これからもちょくちょく走ることにしよう。次はいよいよ夕日に向かって!(^◇^)。 

                      『カンタ!ティモール』予告編


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する