2020年1月8日

0

    二つの眼鏡

     

     老眼がだいぶ進んできたようで、最近は、普段使っている遠近両用メガネでパソコンを長時間見ていると、だんだん文字が見えにくくなってきます。そんな時に登場するのが、近近両用メガネ。パソコンの画面くらいの距離と、本を読むくらいの距離でピントが合うように作ってもらっています。でも、このメガネだと、ほかの距離が全部ぼやけて見えるので、二つのメガネをとっかえひっかえしています。なんだかめんどくさい。


    2020年1月7日

    0

      ナイル号

       

       先日、U君から借りた、貴重なポストカード。大正3年に祝島沖で沈没した英国船ナイル号の引き上げ作業の写真です。ナイル号は今でも、この海底に沈んでいるようなので、この時の引き揚げ作業もうまくいかなかったのでしょう。大正天皇即位のお祝いに贈られた秘宝は、まだこの海の底に眠っているのか?謎です。


      2020年1月6日

      0

        黎明

         

         朝便に乗るため、朝6時半前に家を出発。この時間は、ようやく東の空がうっすらと明るくなってくる時間です。やはり冬場の朝便に乗るのは、ちょっと大変ですね。

         今日から三日間、パソコン関係の仕事がつまっていて、よそ行きです。Windows7のサポートが1月14日で終了する関係で、この半年くらいは、何かと忙しかったけど、いよいよ期限が迫ってきました。


        2020年1月5日

        0

          藤本万次郎一代記

           

           祝島出身で、下関の中央魚市場の社長や、安部晋太郎氏の後援会長も務められてた藤本万次郎氏の自伝『藤本万次郎一代記』。少し調べることがあって、U君に貸してもらいました。この本は、昭和58年に発行され(非売品)、祝島では藤本家の親戚筋の家に配られたようです。この本、民宿の資料室にぜひ置いておきたいので、もし、お持ちの方で、譲ってもいいと思われる方がおられましたら、ぜひご一報ください。よろしくお願いします。


          2020年1月4日

          0

            出初式

             

             今日は消防の出初式。朝8時半にサイレンが鳴り、公民館に集合。清水丸とヤンマーに分乗して室津へ。町内各地から集まった消防団によるパレード、式典の後、各分団の一斉放水と続く。埋め立て地から海に向かって放水するのだが、今日は真正面から風が吹いていたので、放水した海水がまともに吹き戻され、びしゃびしゃになった(+o+)。島に戻ってから、公民館にて直会。一年間、祝島が平穏であるよう願った。

             


            2020年1月3日

            0

              祝島探検?

               

               昼便で祝島に帰ってきました。同じ船で帰ってきた同級生が、最近、西方の上の方に行っていないと言うので、一緒に散歩に行きました。東方と違って、西方は子供のころに歩き回っていないので、いまだに道のつながり方や、家の名前がわからないところがあります。今度、住宅地図を片手にあるいてみたいと思います。


              2020年1月2日

              0

                新年会

                 

                 同級生の面々が柳井に集まって新年会。みんなの都合を聞いたら、たまたま今晩、柳井に集まれることがわかり、急に実現しました。みんな揃って、だいぶ歳を取り、話の内容は持病のことや、親の介護のことや、年金のこと、老後のことなど、なんだか夢のない話が多くなりましたが、それでもこうして集まれることが何よりうれしいことです。


                2020年1月1日

                0

                  遠崎リゾート

                   

                   新しい年を迎えました。今年は約30年ぶりに祝島以外でお正月を迎えました。たぶん生涯で2回目です。写真は昨年、柳井市に出来た拠点の玄関です。今年も島と本土を行ったり来たりの生活になりそうです。

                   世の中では「東京オリンピックの年」と騒がれていますが、祝島では「神舞の年」。特別な年を迎えました。島民の人口減少、高齢化がかなり進んでいる中での神舞の準備は大変です。島の出身者の皆さんの協力が必要です。ぜひ、早めに島に戻られて、神舞準備にご協力いただければと思います。皆様にとって、祝島にとって、良い年になりますよう願っています。


                  2019年12月31日

                  0

                    大晦日の祝島

                     

                     今年最後の定期船に乗って祝島を出航しました。ヨメさんのお母さんが、急に一人暮らしになってしまったので、今年はお正月を田布施で迎えることにしました。お正月を祝島以外で迎えるのは何十年ぶり?たぶん生涯で二度目になります。

                     今年もいろいろなことがありましたが、来年が良い年になりますように。


                    2019年12月30日

                    0

                      雨の祝島

                       

                       昨日の夜からの雨がなかなか降りやまず、昼便の荷物を受け取りに出る頃、ようやく降りやみました。でも、まだこの時点では、山の方は厚い雲に覆われていました。

                       今年も残すところあと1日。あっという間の1年だったような気がします。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する