2019年5月6日

0

    茄子

     

     民宿のお客さんもひと段落。明日から三日間はパソコンの仕事や店の仕入れなどで本土行きです。その前に、2週間も前から届いていたナスやピーマンの苗をやっと植えました(^_^;)。今年の夏野菜の出来はどうでしょうか?楽しみです。


    2019年5月5日

    0

      定期船から

       

       パソコンの仕事で上関まで日帰り。昼便で出て、晩便で帰ってきました。島を出る昼便は満員でしたが、島に帰る夕方の船はガラガラでした。聞くところによると、室津の道の駅もゴールデンウイーク中はずいぶん賑わったようです。毎日とはいかなくても毎週末には賑わうようになると、上関町も活気が出るようになると思います。一年を通して観光の目玉になる何かがが欲しいですね。


      2019年5月4日

      0

        サイクリング

         

         民宿のお客さんと三浦湾で待ち合わせ、びわの袋かけ作業の体験をしていただきました。僕たちはバイクで行きましたが、お客さんは自転車でサイクリング。民宿のおかみさんも、その自転車をちょっと借りてミニサイクリング。久しぶりの自転車もスイスイと気持ち良さそうでした。普段から自転車でびわ作業にきたら、ちょっとはダイエットになりそうですが、忙しくて時間がないので、どうしてもバイクに乗ってしまいます。もう少し時間に余裕のある生活ができればいいのにねえ・・。


        2019年5月3日

        0

          Uターンラッシュ

           

           早くもUターンラッシュです。夕方の船で来られるお客さんを迎えに出ると、港には帰りの船に乗る人の列が続いていました。

           そういえば、今朝、洗濯物を干していたら、民宿の塀の向こうをマイクの付いた長い棒が移動して行きました。この時は「どこかのテレビ局の取材かな?」と思っただけでしたが、あとでNHKの人気番組「鶴瓶の家族に乾杯」のロケだったことを知りました。そうと知っていたら、門から外に出て見たのにと思いましたが、あとの祭りでした・・(~_~;)残念。今日のロケの番組放送は6月17日(月)の予定だそうです。お楽しみに!

           

           


          2019年5月2日

          0

            帰省客

             

             ゴールデンウイーク後半、定期船からは帰省客や観光客、釣りの人たちがゾロゾロと降りてきました。港で民宿のお客さんを迎えるとき、いつもならだいたい見た目で見当をつけて声をかけるのですが、今日の乗船客の多さでは、それでは無理と思い、この7年間で初めて、お客さんの名前と「民宿くにひろ」と書いたボードを持って、港に立ちました。このボードが役に立ち、すんなりとお客さんをお迎えすることができました(^_^)。それにしても、今年はたくさんの人が島に帰って来ているように思います。島の人口は普段の2倍くらいになっているんじゃないでしょうか。


            2019年5月1日

            0

              令和

               

               「令和」時代の幕開け。祝島では雨上がりの穏やかな朝でした。宮戸八幡宮の鳥居には「令和」改元を祝うのぼりが立てられていました。

               テレビや新聞の報道では昨日から今日にかけて、まるで大晦日から正月のような大騒ぎでしたが、日常生活ではそれほどの変化もなく、ごく普通の一日でした。「令和」の時代が今朝のような穏やかな時代であることを願います。


              2019年4月30日

              0

                見送り

                 

                 「平成」時代の最終日。2泊3日のお客さんが島を発つ昼便を見送り、ほっと一息・・とはいかず、もう次のお客さんが昼便で来られています(^_^;)。「平成」は僕にとっては人生の転換期が何度も訪れて、目まぐるしく環境が変わっていった時代でしたが、最後の一日まで、なかなか忙しい時代でした。

                 テレビのアンケートで、「平成」の最後に食べたいもの、1位が寿司、2位が焼肉だったそうですが、我が家も今日は奮発して焼肉を食べました(^○^)。


                2019年4月29日

                0

                  平さんの棚田

                   

                   午前中は小雨が降ったりやんだりの状態でしたが、お客さんと一緒に「平さんの棚田」を見に行きました。石垣の草刈りがきれいにされていて、とてもきれいな状態でした。ゴールデンウイークに島に来られる方は、ぜひ観に行ってください。この巨大な石垣の草刈りをするのはとても大変。平さんやお手伝いの方々に感謝です。


                  2019年4月28日

                  0

                    ガイドツアー

                     

                     東京・調布市のクッキングハウスのスタッフさんや関係者の皆さんが祝島にやって来られました。クッキングハウスの皆さんには、昨年秋に東京で開催されたイベント「アイランダー」の後に寄らせてもらって、いろいろとお世話になりました。今日は、夕方の船で島に到着、明日の天気が雨の予報なので、到着後すぐに「練塀ガイドツアー」で集落巡りをしました。皆さん、祝島に来るのをとても楽しみにされていたようです。

                     


                    2019年4月27日

                    0

                      タケノコ

                       

                       今年初のタケノコ堀り。30分も掘れば段ボール箱2つ分くらい掘れるじゃろう・・と勇んで山に行きましたが、なんと!ビックリ!どこにもタケノコが見当たらない・・。去年までは、道端にもタケノコがニョキニョキ出ていていたのですが・・。どうやらイノシシが食べつくしたようです。イノシシが食べるのは出たばかりの小さいタケノコだけで、ある程度大きくなると食べない・・と思っていたのですが、少し大きくなっても、皮の薄い根っこの部分だけ食べて、その食べ残しの残骸が転がっている感じでした。イノシシが相当増えているんだと実感しました。あきらめきれず、目を皿のようにして探し回ると、かろうじて小さいタケノコを10本くらい見つけて掘って帰りました。バイクの荷台に積んでいたダンボール箱は空のままでした(~_~;)。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する