2020年4月25日

0

    たけのこ

     

     イノシシ被害で、祝島のタケノコはみんなイノシシに食べられてしまっていると思っていたら、ある情報筋から、「あのへんにタケノコがあったど」と聞いたので、さっそく採りに行ってみました。久しぶりにタケノコ発見!(^^) 少しですが、掘って帰りました。

     山に行ったついでに、以前タケノコ採り放題だった所にも、様子を見に行きましたが、こちらはイノシシに堀りまくられて、1本も発見できず・・・でした(-_-;)。


    2020年4月24日

    0

      イチゴ

       

       何日かぶりに畑のイチゴを見に行くと、だいぶ大きくなって、色も赤くなりつつあります。でも、ここからが意外とまだ長い?待ち遠しいなぁ・・。農協に頼んでおいた夏野菜の苗も今日届いたので、どこに何を植えるか思案中。


      2020年4月23日

      0

        いわい

         

         夕方の定期船で島に帰ってきました。ここ数日は風が強く、波も高い状況が続いています。今日もかなり揺れました。定期船の貨物室の荷物、今日はほとんどうちの店の荷物でした。リヤカーで3往復分ありました(^-^;。


        2020年4月22日

        0

          コロナウイルス

           

           まもなくゴイールデンウイーク。例年なら祝島にもたくさんの出身者が帰省されるのですが、今年はコロナウイルス感染拡大防止のために自粛される方が多いと思います。中国地方5県の知事会からも、ゴールデンウイーク期間中の往来自粛についての緊急メッセージが出されました。

          ●家族・親戚・友人に会うための移動を自粛してください!

          ●家族・親戚に対して規制の自粛を呼び掛けてください!

          ●企業・団体の皆様のご協力をお願いします!(従業員の出勤を極力減らす等)

          ●観光等による移動を自粛してください!

           

           

           


          2020年4月21日

          0

            柿の木

             

             季節は春から初夏へ。せっかく気持ちの良い季節になってきたのですが、コロナウイルスのために、今年はなんだか憂鬱な気分が続いています。それでも、山を見上げれば若葉が目立つようになり、いろんな生き物が一気に動き出したような気がします。庭の柿の木にも若葉が生えてきて、青空をバックにみずみずしい緑色に輝いていました。


            2020年4月20日

            0

              金毘羅丸

               

               柳井でパソコンの仕事や店の商品仕入れなどの用事があるため、夕方の船で島を出ました。「いわい」が定期検査でドック入りのため、明日までは「金毘羅丸」が運航しており、久しぶりにこの船に乗りました。「いわい」よりは小さい船ですが、窓が広くて外がよく見えるので、見晴らしは「金毘羅丸」の方が断然いいです。今日は遠く四国の佐田岬の風力発電の風車までよく見えました。


              2020年4月19日

              0

                コキア

                 

                 先日ポットに蒔いた種、一番最初に芽が出たのはコキア(ホウキ草)でした。蒔いてから約1週間で発芽しました。もう少し大きく育ったら、あちこちに植えて楽しみたいと思います。


                2020年4月18日

                0

                  電線が

                   

                   昨晩は東の風が、そして今日になると西の風がものすごく強く吹き、昼便は欠航になりました。

                   今朝起きると、電柱からうちに引き込んでいる電線が、写真のように垂れ下がっていてビックリ!。電線を張っていたワイヤーが昨晩の強風で切れて、外れていたのです。幸い、電線は切れていなかったので、電気は普通に使えました。急いでノブちゃん(島の電気の係の人)に電話して、応急処置で電線を引っ張って仮止めしてもらいました。朝からバタバタした一日でした。


                  2020年4月17日

                  0

                    畑の土

                     

                     畑の刈草が山のようになっているので、雑草で堆肥を作ってみようと思い、とりあえず畑を掘って、雑草の上にかぶせる土を確保。島に戻っている同級生のゆうさあが手伝ってくれました。(写真に写っているのは、ゆうさあではなくて、ゆうころりんです。)

                     ゆうさあは親戚のびわの作業の手伝いのため3月から島に戻っています。例年なら、袋掛け作業が終わったら、収穫が始まるまでの約1か月間はまた東京に戻るのですが、今年はコロナウイルス感染の恐れがあるので、東京には戻らず、ずっと島にいるのです。なかなか役に立ってくれています。


                    2020年4月16日

                    0

                      びわ

                       

                       午後から2時間ばかし三浦のびわの袋掛け作業に行ってきました。少しずつですが、今年はこのペースでも間に合うくらい実が少ないです。近所の農家さんは、「いつもなら2週間くらいかかるが、今年は3日で終わった」と話していました。

                       話は変わりますが、昨夜、昔のマラソン仲間から電話があり、30年ぶりに話をしました。以前は東京にいましたが、彼も今は故郷の秋田に戻っているそうです。コロナウイルスの影響であまり出歩くことができない今、懐かしい昔の友達と連絡を取り合うという過ごし方もいいかも知れないですね。



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.1』 (「民宿くにひろ」で自費出版した本です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信』(全4巻)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

                      この本を通販コーナーで購入する

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.2』 (続編も出版されました)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.3』 (3巻目です)

                      『はっぴーあいらんど祝島通信 Vol.4』 (2016年8月発行。全4巻の最終刊です)

                      『小出裕章講演録 原発計画30km圏内の光市民として』

                      上関原発の危険性について、とてもわかりやすく説明しています。
                      原発に関心を持たれた方は、まずこの冊子を読まれることをお勧めします。
                      A4、オールカラー、定価500円

                      この本を通販コーナーで購入する